よくある質問

  • 借金問題

    • ◆吉丸法律事務所は他事務所とどこが違いますか?

      最短で即日相談できます
      事前予約により土日祝日・夜間も相談可
      法テラス可
      債務整理により生活を立て直すことができる場合があります。まずは一度ご相談を。
    • ◆今後について一緒に考えていきましょう

      消費者問題委員会に所属しており、借金問題に精力的に取り組んでいます。これまで借金問題を多く扱ってきました。
      「自己破産をどうしても回避したい」、「借金の額が多くなりすぎて、どうしたらよいか分からない」。このような相談も、どの手続が最善か一緒に考え継続的な助言を行います。
      一日も早く生活を立て直せるようサポートさせていただきますので、安心してお任せください。
    • ◆このようなお悩みはありませんか?

      ✔︎生活費で借入れをしていたが、その積み重ねで返済ができない。ギャンブルや浪費はしていないのに…。
      ✔︎自己破産には抵抗があるが、毎月の返済額が多くて支払ができない。
      ✔︎クレジットカードでショッピングをしているうちに,金額が多くなった。

      いずれのご相談にも対応可能です!

      過払金の請求や,ヤミ金の対応も行っております。「身に覚えのないハガキが届いた」,「料金を払わなければ訴えるというメールが来た」。このような問題があればご相談を!
    • ◆Q&A「500万円の借金があります。家や車を失わずに、生活を立て直すことはできますか?」

      「生活費のため、借入れていたら多額になった」,「クレジットカードで買い物をしているうちに払えない金額となった」。借金の相談を受けることは多いですが,このような話をよく聞きます。借金問題は誰にでも起きうる法律問題といえます。
      その解決方法としては,債務整理があります。ご存じのとおり,自己破産では,一定基準以上の財産を失うことになります。不動産や古い車しか所持していない場合には,自己破産により生活の立直しを図ることが有用です。
      他方で,家や新車など価値の高い財産を所持している場合,自己破産は避けたいという方も多いです。このような場合,任意整理や民事再生の利用が考えられます。任意整理では,将来の利息を軽減したり,毎月の返済額を小さくするよう交渉します。また,民事再生では,財産や収入を踏まえて債務を縮減ができるかを検討します。算出された金額について原則3年間での返済が可能であれば,計画を立てて返済をします。これらの手続きでは,必ずしも家や新車を失いません。ご質問のケースでは,これらの方法により,生活を立て直すことができるかもしれません。
      このように,お悩みに応じて適切な解決方法は異なります。借金を返すために,別の会社から借りるようになれば,短期間で金額が膨らむことが多いです。そうなる前にお電話をください。サポートします。
    • ◆依頼者に対して心がけていることや特別な配慮などはありますか?

      事件として代理人になった後は,メールや電話で返済計画を立てることにご協力できます。
      自己破産をどうしても回避したい方に,なんとか長期分割による借金完済ができないか一緒に検討いたします。
      借金の額が多くなりすぎてどうしたらよいか分からないとき,自己破産にご協力いたします。
    • ◆特に訴えたいことなどありますか?

      借金問題は誰にでも起こりうることです。自己破産により借金をなくし,また前の生活に戻ることは選択として大いにあり得ます。
    •  

      対応体制
      お支払い方法
      • 法テラス利用可
      • 分割払いあり
  • 離婚・男女問題

    • ◆吉丸法律事務所は他事務所とどこが違いますか?

      即日相談できます
      事前予約により土日祝日・夜間も相談可
      法テラス利用可
      20代から80代まで幅広い方から相談を受けています。妻側,夫側を問いません。安心してお電話ください。
    • ◆依頼者の立場に沿ったアドバイスをします

      離婚,浮気,ストーカーなど,男女間のトラブルについても数多く対応してきました。当事務所では、20代から80代までの幅広い年代の方からのご相談に対応しております。妻側,夫側を問わず,しっかり話を聞いて,依頼者の立場に沿ったアドバイスができます。
    • ◆このようなお悩みはご相談を!

      ✔︎相手が離婚に応じてくれない。
      ✔︎夫が生活費を支払ってくれない。
      ✔︎浮気をされた。浮気相手に慰謝料請求したい。
      ✔︎離婚の条件について提案があったが、応じるかどうか悩んでいる。


      離婚、財産分与、親権問題、生活費に関する相談を重点的に取り扱っております。法律相談の中で、私が数多く経験しているのは男女間の問題です。上記のいずれの問題にも解決方法を提示いたします。
    • ◆Q&A「離婚をしたいのですが相手が応じてくれません。このまま離婚できないのでしょうか?」

      A. 夫婦の話合いのみで離婚することを協議離婚といいます。ご質問のケースは、相手が離婚に応じないとのことですから、協議離婚が難しい場合です。しかし、調停や裁判を用いて離婚を求めることができます。
      調停とは、夫婦が裁判所で話合い、離婚をするかどうか及びその条件を考える制度です。調停委員2名と一方が話合いをした後に、同じ調停委員と他方が話合いをすることが多いです。調停は、話合いでの解決を目指すものなので、一方が欠席したり、話がまとまらなかった場合には不成立となります。しかし、その場合であっても裁判により離婚を求めることができます。
      裁判官が離婚を認めた場合、相手が応じないという態度をとっていても、強制的に離婚の効果が生じます。いわゆる裁判離婚です。裁判では、民法上の離婚事由があることを主張します。例えば、相手が不倫をしたとして「不貞な行為」があったと主張します。不倫に限らず、家庭内暴力や生活費の不払いなどが離婚事由として認められるケースもあります。このように、相手が離婚に応じなくとも、裁判により離婚を求める方法もあります。
      なお、夫婦のみで話し合うことが難しく、間に誰かが入って話し合いをしたい場合もあるでしょう。そういうときは、協議離婚の話を待たずして、調停で離婚を求めることもできます。もっとも、調停を経ずに裁判を直ちに行うことはできません。裁判の前には必ず調停での話し合いを行う必要があります。
      このように、離婚についても専門的な知識が必要となる場合があります。お悩みの際はご連絡ください。
    • ◆依頼者に対して心がけていることや特別な配慮などはありますか?

      しっかり話を聞き、どのような解決を望んでおられるかを把握します。他にどのような解決方法があるか、そのリスクはどのようなものかをお伝えします。
    • 対応体制
      お支払い方法
      • 法テラス利用可
      • 分割払いあり
  • 犯罪・刑事弁護

    • ◆吉丸法律事務所は他事務所とどこが違いますか?

      ◆当日の急な相談にも対応可
      ◆事前予約により土日祝日・夜間も相談可
      ◆ご家族が初めて逮捕されたとき、大変心配があるかと思います。しっかり話を聞き、速やかに対応します。
    • ◆フットワーク軽く対応いたします

      佐賀県刑事弁護委員会に所属しており、身柄解放に向けたプロジェクトチームに所属していた経験があります。不必要な身体拘束について、積極的に解放にむけた弁護活動を行っております。

      「家族が逮捕された」,「明日,警察署まで来てください」。このような突然の連絡を受けた場合でも、慌てずご相談ください。当事務所では、逮捕当日に被疑者と面会し、身柄解放に向けた弁護活動をその日のうちに始めます。これまで数多くの刑事事件を経験してきましたので、迅速な対応はお任せください。
    • ◆このようなお悩みはご相談を!

      ✔︎身内が逮捕されたと警察から連絡がきたが、今後どうなるか不安がある。

      ✔︎夫が佐賀県で逮捕されたが、自宅は遠いので、面会に頻繁にいくことができない。

      ✔︎被害弁償をしたいが、一人で行くのは不安。



      窃盗、薬物、傷害、死亡を伴う交通事故、盗撮、保険金詐欺、オレオレ詐欺、少年事件、殺人未遂など、様々な犯罪を担当した経験があります。上記のいずれの相談にも速やかに対応いたします。
    • ◆Q&A「犯罪をしました。今後,いつ警察が家にくるか不安です。どうしたらいいですか」

      確実に逮捕されたり,捜査が行なわれるとは限りません。しかし,不安であれば自ら警察に話しに行くのも手だと思います。

      このままだと,いつ不安がなくなるか分かりません。一度ここで話して,「もう二度としない」と決め,今後の生活を立て直すほうがよいのではないかと考えます。

      自ら警察へ出向いた場合は,警察が把握する前であり,処罰を受ける意思があれば自主となります。法律上は,刑が任意的に減刑されます(刑法42条1項)。その際,警察から自首の理由を聞かれますが,正直に話せば大丈夫です。「いつ逮捕されるか不安で怖くなった」で問題ありません。

      また,証拠品を持って行ってください。盗撮ならPCや携帯電話,窃盗なら被害品を警察に提出します。仕事や大事な連絡などで,どうしても早めに返却してもらう必要があれば伝えてください。場合によっては早期に返却されることもあります。

      自主は必ずしも多くはないので,警察としても理解をしてくれます。自首しないときよりは情状で有利です。場合によっては逮捕まではされず,起訴猶予となる可能性も可能性もあります。

      家族に話しにくいときは,私を利用してください。守秘義務があるので絶対に情報は洩れません。
    • ◆依頼者に対して心がけていることや特別な配慮などはありますか

      遠方に被害弁償に行ったり、被害者と示談交渉をしたりすることにも対応できます。
      面会に赴き、被害者に伝言を伝えることもできます。
      逮捕当日に、ご家族と面会し、身柄解放に向けた弁護活動を速やかに始めます。
    • ◆特に訴えたいことなどありますか?

      ご家族が初めて逮捕されたとき、大変心配があるかと思います。その相談も含めて、しっかり話を聞かせていただきます。
    • 対応体制
      お支払い方法
      • 要相談

吉丸法律相談事務所

〒845-0022 佐賀県小城市三日月町長神田2236
電話番号:0952-97-5152 ファックス番号:0952-97-5153